脱毛といっても一言では言い表せません。

顔やわき、四肢の毛はもっぱら嫌われ者である。

しかし、頭髪は脱毛なんて誰も喜ばない。

ふさふさで艶やかな髪が魅力。

病気で抗がん剤治療を行い一時的に脱毛が見られる患者にとってこれほどつらいことはない。

現在では、とても優れた鬘やウイッグ、素敵な帽子なども普及したことにより、昔ほど悲観的にならなくったようであるが、それでも髪はないよりある方が良い。

【参考資料:抗がん剤治療を受けられる患者さんへ

特に女性にとっては髪は女の命とも言われ、昔から黒髪女性は世の男性のとりことなり、美しい髪の持ち主は輝きに満ちているのである。

また脱毛といっても人それぞれ様々な考え方があるのも事実である。

私も若いころは手足の毛が気に入らなくて除毛剤を使用したり、カミソリで剃ったり色を変えてみたりしたものである。

しかし、毛はそもそも体を守る役目も担っているのである。

まつ毛は目に物が入りにくくするために、鼻毛や耳毛も外からのほこりや汚れた空気を吸い込みにくくするために生えているのである。

しかし見た目も大切であり、体毛が濃すぎることは犬猿される。

また困ることもある。

AEDなどの除細動パッドを貼る時は毛を剃らなければならないし、手術などの時にも感染予防のために毛を剃る行為が行われている。

脱毛も時と場合によるものであろう。

今、脱毛は人の多い繁華街に多く脱毛サロンが多く存在しています。

住みたい街の上位に入る吉祥寺にも多く存在している。